連絡すれば交換する|安全性を高めるために必要なタイヤ交換|持ち込みも取り換え可能
婦人

安全性を高めるために必要なタイヤ交換|持ち込みも取り換え可能

連絡すれば交換する

運転する男性

車を運転している際、まれに起こるトラブルといえば、タイヤのパンクです。きちんと舗装された道路を走っていればこうしたトラブルに巻き込まれることは少ないものですが、まともに舗装がされていない道を走行した場合や、近くで工事をしている道路を走った際は、パンクをするリスクが高くなります。特に道の近くで建物の建設工事をしている場合、建設会社のトラックから落ちた釘や、工事現場から飛んできた鋭利な破片がタイヤに刺さることがあるため、パンクすることが多くあります。また、タイヤの空気圧のチェックやゴムの劣化を怠っている人の場合も、パンクのリスクが高くなります。空気圧が下がっていると、タイヤの反発力が低下するため、道路に落ちているものが刺さりやすくなってしまいます。また、表面にヒビ割れが起きているタイヤですと、耐久性が落ちているので小さな突起物によって簡単にタイヤがパンクしてしまうようになります。もしもパンクが起きた場合、そのまま走行せずに素早く停車し、タイヤ交換を行ないましょう。

パンクした状態で走行すると、タイヤが切れることやホイールにキズが付くことにより、高い費用が掛かります。タイヤ交換ができるショップに連絡することで、ショップの人がその場でタイヤを持ち込み交換してくれます。カーショップのスタッフは、ジャッキの持ち込みや新品のタイヤを持ち込み、停車している場所ですぐに交換してくれます。交換によって高い費用が掛かるのでは、と考える人もいるでしょうが、余計な傷を付けてホイールごとタイヤ交換することに比べれば安い価格となります。自宅でパンクを確認した場合は、車を出すことを諦め、代わりのタイヤを専門的にタイヤを扱っている会社に注文するとよいでしょう。会社と提携しているお店に連絡すれば、ネットで購入した場合でも持ち込みによってタイヤ交換してくれます。